Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/roum/www/biz/wp-includes/post-template.php on line 284

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/roum/www/biz/wp-includes/post-template.php on line 284

求人は、リサーチから

求人は、リサーチから
2018年6月12日 roum

人事ロームで日本を元気に!
社労士の牧野です。

傘を持って出た方がいいのかどうかと、空と相談をする毎日です。
皆さま、いかがお過ごしですか?

こんな悩みはありませんか?

  • 採用ばかりにコストが掛かる。
  • 苦労して採用した社員が、スグ辞めててしまう。
  • なかなか人が、成長しない。
  • 社員の活躍がイマイチだ。
  • リーダーが思うように育たない。

こんな悩みをお持ちでしたら、このエントリをお読みください。

採用、定着、育成するノウハウ!
採用→定着→育成→活躍

社員を採用、定着、育成するために効果的な方法があったら、どうですか?
知りたいですか?

実は、私も同じように悩み、苦しんできました。

28年前の夏…

28年前の夏。

蝉が鳴き、太陽が高く昇ったとても熱い日でした。
求人票を書くために出掛けました。

出掛けた先は、浜松駅の南口のハローワーク。

馬込川の横にあります。
駐車場が狭く、熱い車内でしばらく、駐車場が空くのを待ちます。
やっと駐車場が空き、求人票を書きに2階に上がります。

はじめての求人票

すると、求人部門には、相談者がいて、また、しばらく待つことに…

そして、自分の順番に…
イスに座り、正直に初めて求人票を書くことを話します。

求人担当:社労士さんですか?
私:はい。実は、初めてで…
求人担当:そうなんですね。コレが求人票で、書き方見本です。

すると、白紙の求人票を渡されて、簡単な説明をされる…

ジッと見る私…

そうか、書くことが無い。

時給、勤務日など決まりきったことしか

恥ずかしながら…
時給、勤務日、休日、賃金の締め、賃金の支払日、勤務場所、仕事の内容など
決まりきったことしか思いつきません。

当たり前のことを当たり前に書いて提出してきました。

あなたはどんなことを求人に書いていますか?

応募者からの電話がない

求人票が公開されて、1週間が過ぎました。
応募者からの電話はありません。

2週間が過ぎました。
やはり、電話は鳴りません。

電話が鳴ったのは、2ヶ月が過ぎてからでした。

目の前の応募者を採用するしかない

面接したのは、浜松市のH町の自宅。6畳の部屋です。

待ちにまった応募です。
仕事に適性があるかどうか?なんて、正直ツユも考えませんでした。

2ヶ月待って応募者が1人…
これで、望む人材が採用できる確率はほぼゼロです。
奇跡は起こりませんでした。

応募者を増やすには?

良い人材を採用するには、まず応募者を増やすことが大切です。

応募者を増やす方法は、主に2つしかありません。

応募者数=求人媒体×反応率

1つは、求人媒体を増やすことです。
リクナビ、ジョブネット、タウンワーク、ドーモ、新聞、折込、ハローワーク、テレビ……

もう1つは、表現を工夫して、反応率を上げることです。

お金を使うのもアリです!

求人募集には、コツがあります。

シンプルに広告にお金を使えば、募集は増えます。
これ、結構、効果的です。

全くお金を掛けずに求人するなんて自殺行為です。

人口減少社会です。
人が毎年減っています。

私も、ドーモを活用して…

28年前、私は、求人誌ドーモでパートを募集するようにしました。

シンプルに応募者が3倍になりました。
1回の求人で3名集まるようになりました。

しかし、3名から1名を採用しても、欲しい人材を採用できませんでした。

記事を2倍にして、表現を変える

困った私は、「求人誌」を読みまくります。

すると、求人記事のうまい、下手が解るようになりました。

そして、うまい求人記事を切り抜いてスクラップするようにしたのです。

ヒマな私は、営業してお客様を増やすより、求人記事を見るのが好きになりました。
すると今度は、時給の相場観をつかむことができました。

求人は、リサーチ(調査)から

求人は、戦いです。
戦い方にはコツがあります。

そのコツは、古く………
孫子の兵法にもどります。

彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず

実は、求人という「戦い」も労働市場のリサーチが始まりです。
もちろん、リサーチの仕方にも、上手くやるための「ノウハウ」があります。

次回に続く